TOP > サービス > 基礎研究開発
researchsmallbar
researchbar

顔認識システム


カメラが捉えた人物の映像より顔の部分を認識して、それをデータベース化する事が可能な技術です。例えば登録した人物がドアの前に立ったらドアを開 ける、登録している以外の人物をカメラに捉えた場合に警告を出す等、様々な応用が可能です。

また単に顔を認識するだけでなく、性別やおおよその年齢も検出できます。

ナンバー認識システム


カメラが捉えた車両のナンバーを認識し、テキストデータとして出力する技術です。前方および後方のいずれからも認識可能で、当然漢字の部分も全て認 識可能です。

駐車場の契約車両の管理や、私有地の進入車両の検知など様々な用途で応用可能です。

映像透過システム


濃霧や噴煙がたちこめている状態でも、それらを透過して映像を映し出す技術です。カメラのみのコンパクトなシステムで、ビデオカメラおよびIPカメラに 搭載可能です。

SD映像だけではなく、ハイビジョン映像にも対応しています。

動態解析システム


映像の動態解析を行う技術です、

一般的な動態検知は動きがあるか否かでしか検出出来ず、風による木々の揺れなども動きとして検知してしまいますが、本システムは弊社独自のアルゴリ ズムにより風による木々の揺れを除外するなどの機能を持っています。

また従来のシステムでは実現出来なかった、動きの方向検知、設定したエリア内への突入カウント、アイテムの増減などについても対応可能です。

動態追跡システム


パチンコ玉の動きを追跡する技術です。複数の玉が盤面に混在する状態でも1つ1つの玉を認識して動きを記録します。ハイビジョン映像、60フレームに も対応しています。用途が限られたシステムに思われますが、応用しだいでは例えば人混みの中で各個人が各々どの様ルートで移動したか等の追跡も可能です。

<

ディープラーニングとは、システムがデータの特徴を学習して、事象の確認や分類を行う「機械学習」の手法です。
対象となるデータの特徴をより深いレベルで学習を行い、非常に高い精度で特徴を認識出来る長所があります。

弊社ではディープランニング技術による高度な認識を利用したシステムを開発しています。

1.走行状況認識システム(走行中の車両からの認識)
・他車および、他車のブレーキ状態の認識
・信号および、信号色の認識
・標識および、標識の意味の認識
・中央分離帯、横断歩道の認識など

2.顔認識システムへの応用
・顔認識による性別、年齢の判定
・認識した人物の顔に対する加齢、減齢のシュミレート
・性別変更など

3.画像/応用システム
・白黒、セピア写真のカラー写真への変換
・パターン解析及び、予測による映像の欠損部分の修復
・人物を含む物体の検出、個別認識

それ以外でも様々なシステムで応用可能です。

詳細については、お問い合わせください。